検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

低レベル放射性廃棄物管理計画書

Plan for low level radioactive waste management

北村 高一; 林道 寛; 長谷川 信; 下村 敦彦; バックエンド推進部門バックエンド推進室

Kitamura, Koichi; Rindo, Hiroshi; Hasegawa, Makoto; Shimomura, Atsuhiko; Nuclear Cycle Backend Co-ordination Office

本「低レベル放射性廃棄物管理計画書」(以下、「本計画」という)は、原子力機構において保管している放射性廃棄物及び今後発生する放射性廃棄物について、発生から保管,処理,処分に至るまでの総合的な管理計画をとりまとめたものである。本計画のとりまとめ及び改訂にあたっては、平成17年10月に原子力委員会が策定し閣議了解された原子力政策大綱において示されている方針をもとに、これまでの国及び関係機関による安全規制・基準等の策定や処分制度の整備の進捗等を踏まえつつ、安全の確保を前提として、合理的な放射性廃棄物の処理・処分が行えるように留意した。これまでに本計画を進めてきた過程で摘出された課題についても整理を行い、これらを順次解決しながら原子力機構の研究開発や事業計画へ反映していく計画とした。今後は本計画に基づき、放射性廃棄物の処理・処分に向けての具体的な作業を進め、技術開発の成果,国による処分の制度化や法整備の進捗等に応じて、適宜、本計画の改訂を図る等柔軟に対応していくものとする。

The management plan is intended to summarize the process of Low level Radioactive Waste in JAEA from its generation to its treatment and disposal. Reasonable implementation of treatment and disposal for the radioactive waste on ensuring security was taken into account when the plan was made or updated based on the Framework for Nuclear Energy Policy made by Japan Atomic Energy Commission in 2005, the progress situation of laws and regulations, safety guides. Moreover, the issues to be solved during the process of implementation the plan were summarized, they will be studied in the plan, and then, its solutions will be reflected in the research program and project. JAEA will be carried out practical work for treatment and disposal of the radioactive waste based on the plan. Then, the updating will be made flexibly according to technology advance and progress situation of laws and regulations.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.