検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

「原子力平和利用と核セキュリティにかかわる国際フォーラム; 福島原子力事故の教訓をソウル核セキュリティサミットでの議論につなげるために」結果報告

Review of the International Forum on Peaceful Use of Nuclear Energy and Nuclear Security; Taking the lessons learned from Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant Accident to the 2012 Seoul Nuclear Security Summit

田崎 真樹子; 須田 一則; 鈴木 美寿; 久野 祐輔; 持地 敏郎

Tazaki, Makiko; Suda, Kazunori; Suzuki, Mitsutoshi; Kuno, Yusuke; Mochiji, Toshiro

日本原子力研究開発機構は、2011年12月8日、9日に、東京電力福島第一原子力発電所の事故を契機に米国等から示された原子力発電所の核テロに対する核セキュリティ強化方策と、継続的で健全な原子力の平和利用の発展を実現する観点から、原子力安全と核セキュリティ対策の総合的アプローチ等について議論し、2012年3月の韓国ソウルにおける核セキュリティサミットに向けたメッセージを発することを目指して、東京大学グローバルCOE及び日本国際問題研究所と共催で、「原子力平和利用と核セキュリティにかかわる国際フォーラム; 福島原子力事故の教訓をソウル核セキュリティサミットでの議論につなげるために」を開催した。本報告書は、同フォーラムの基調講演及び特別講演の要旨、パネル討論の概要及びパネル討論で使用された発表資料を収録したものである。

The Japan Atomic Energy Agency (JAEA) held "2011 International Forum on the Peaceful Use of Nuclear Energy and Nuclear Security; Taking the lessons learned from Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident to the 2012 Seoul Nuclear Security Summit" on 8 and 9 December, 2011. It intended to articulate effective strategies and measures for strengthening nuclear security using lessons learned from the Fukushima nuclear accident. Moreover, it was expected to explore comprehensive approaches which could contribute to enhancing both nuclear safety and security in order to support sustainable and appropriate development of the peaceful use of nuclear energy. This report includes abstracts of keynote speeches, summary of panel discussions and materials of the presentations in the forum.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.