検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Study for shielding efficiency of evacuation facilities in nuclear emergency

原子力緊急事態時の避難施設の遮へい効果に関する研究

小栗 朋美*; 高原 省五; 木村 仁宣; 本間 俊充

Oguri, Tomomi*; Takahara, Shogo; Kimura, Masanori; Homma, Toshimitsu

屋内退避は原子力災害時における防護措置の一つであり、放射性プルームと地表沈着核種による外部被ばく(以下、それぞれクラウドシャインとグランドシャイン)と吸入による内部被ばくを低減するために実施される措置である。屋内退避には、自宅や職場など通常家屋への退避と、遮へい効果及び気密性の観点から優先的される施設への退避(コンクリート屋内退避)が考えられる。コンクリート屋内退避を効果的に実施するためには、施設の収容能力や立地条件に加え、施設の遮へい効果を評価しておく必要があるが、個別の施設の同効果は評価されていないのが現状である。そこで本研究では、地域防災計画に記載された避難施設のコンクリート屋内退避としての利用可能性を検討するために、遮へい機能評価に必要な施設の建築材料及び構造に関する情報を調査した。また、これらの調査結果に基づき、退避施設の被ばく低減効果を評価する方法について検討した。

Sheltering is one of the protective actions in a nuclear emergency. To introduce the actions with effect, preparedness is needed from a point of efficiency of reduction of radiation exposure and also capacity and location. In this study, we surveyed building materials and construction of real facilities listed in prefectural regional emergency prevention plans and then evaluated the shielding efficiency of these facilities for external exposure. As the results, we obtained knowledge of distribution of shielding factor for actual evacuation facilities by cloudshine and groundshine. Moreover, based on the sensitivity analyses, basic data was obtained that easily evaluate the shielding efficiency of facilities with different structures and materials from basic building models.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.