検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

東濃地域における東北地方太平洋沖地震後の地下水圧の変化

Groundwater pressure changes in Tono area induced by the 2011 off the Pacific coast of Tohoku Earthquake

露口 耕治; 尾上 博則 ; 丹羽 正和  ; 竹内 竜史 ; 狩野 智之

Tsuyuguchi, Koji; Onoe, Hironori; Niwa, Masakazu; Takeuchi, Ryuji; Karino, Tomoyuki

2011年3月11日に、太平洋三陸沖を震源地として東北地方太平洋沖地震(以下、本地震)が発生した。日本原子力研究開発機構が岐阜県東濃地域で進めている、超深地層研究所計画及び広域地下水流動研究での、ボーリング孔を利用した地下水圧の長期モニタリングにおいて、本地震に伴う水圧変化が観測された。その変化の傾向は、ボーリング孔と地質構造との位置関係によって大きく異なることが確認された。本稿では、これらのボーリング孔において観測された本地震後の水圧変化について紹介する。

In the 2011 off the Pacific coast of Tohoku Earthquake, groundwater pressure changes were observed around the Mizunami Underground Research Laboratory (MIU) in Tono area. It was confirmed that the tendency of the pressure change due to the earthquake is different according to relationship with the location of borehole and geological feature structure. This report shows the water pressure change observed in boreholes after the earthquake.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.