検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

大気中に放出された放射性物質の位置特定手法の開発,2; 高計数率への対策

Development of position assessment methods for atmospherically-released radioactivity, 2; Implementation for higher count rate situations

高田 卓志*; 石塚 晃弘 ; 野崎 達夫 ; 國分 祐司 ; 大久保 浩一; 鳥居 建男 ; 久米 恭*; 大谷 暢夫*; 長谷川 崇*

Takata, Takushi*; Ishizuka, Akihiro; Nozaki, Tatsuo; Kokubun, Yuji; Okubo, Koichi; Torii, Tatsuo; Kume, Kyo*; Otani, Nobuo*; Hasegawa, Takashi*

原子力施設の異常時・事故時に大気中に放出され移動する放射線源を、地上における測定によって評価する放射線源情報評価システムに、MCAと比較して簡便な電子回路で構成されるSCAを適用する技術を開発した。また、放射線の飛来する方向を検出する検出装置を、既存の検出器の組合せによって構成し、その特性を評価した。原子炉施設から放出される放射線源は、評価を必要とする位置の範囲やその核種が限定されており、評価の対象を合理的に設定することによって、簡便な測定装置が適用できることを、数値評価によって確認した。また、放射線が飛来する方向を検出することによって、検出器を設置する測定点の個数又は密度を削減できることが示された。

The assessment methods of a radioactivity distribution unexpectedly released to atmosphere from nuclear power plants have been studied using a single channel analyzing technique. A combination of this single channel analyzing technique and a detector sensitive to a solid angle of an incident $$gamma$$-ray was examined to assess the same purpose.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.