検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

マイクロ波加熱を用いたMOX燃料製造時の核燃料再処理溶液設置用スペーサーの溶液均一加熱に対する影響

Effect of spacer in microwave oven cavity to heat uniformly Pu/U mixed nitrate solution for producing MOX Fuels

今井 卓*; 田口 健治*; 柏 達也*; 北澤 敏秀*; 加藤 良幸; 瀬川 智臣; 鈴木 政浩

Imai, Suguru*; Taguchi, Kenji*; Kashiwa, Tatsuya*; Kitazawa, Toshihide*; Kato, Yoshiyuki; Segawa, Tomoomi; Suzuki, Masahiro

日本における核燃料サイクルの一環として、使用済み核燃料から得られるウラン及びプルトニウムの混合硝酸溶液である再処理溶液からマイクロ波加熱によりMOX燃料(UO$$_{2}$$+PuO$$_{2}$$)が製造されている。本研究では、MOX燃料を製造するために硝酸Pu/U混合溶液を均一加熱することを目的として、マイクロ波オーブンキャビティにおけるキャビティ底部と脱硝容器の間のスペーサーの効果について調べた。TBR(Top-to-bottom ratio)値(溶液上面と底面における吸収電力比)を評価することにより、溶液の均一加熱に対してスペーサー装荷の有効性を示す結果が得られた。

As a part of the nuclear fuel cycle in Japan, the mixed oxide (MOX) fuels are produced through the microwave heating of the Pu/U mixed nitrate solution obtained from spent fuels. In this work, we investigate the effect of a spacer between the bottom of cavity and solution dish in microwave oven cavity to heat unifomly Pu/U mixed nitrate solution for making MOX fuels. As a result, we show the effectiveness of inserting the spacer for a uniform heating of the solution by evaluating the top-to-bottom ratio.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.