検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Recent progress with the J-PARC RFQs

J-PARC RFQの最近の進展

近藤 恭弘; 森下 卓俊; 長谷川 和男; 川又 弘史*; 杉村 高志*; 内藤 富士雄*

Kondo, Yasuhiro; Morishita, Takatoshi; Hasegawa, Kazuo; Kawamata, Hiroshi*; Sugimura, Takashi*; Naito, Fujio*

J-PARC RFQの最近の進展について報告する。まず、運転中のRFQ(RFQ I)は、震災による長期シャットダウンから復帰した。このRFQは、2008年から放電問題に悩まされているため、バックアップ用のRFQ(RFQ II)を開発中である。このRFQの大電力試験を2012年の4月から行い、定格電力,デューティ(333kW, 3%)で安定に運転できることを確認した。最後に、ビーム電流増強のための新たなRFQ (RFQ III)を製作中である。ビームダイナミクス設計は終了し、60mA, 1.2$$pi$$mm mrad入射で98%の透過率と、最小限のエミッタンスグロースでビームが出射されることをシミュレーションで確認した。第1,第2ユニットまでは、加工が終了しており、最初のユニットのロー付けが9月に予定されている。最後の第3ユニットについては現在加工中である。この論文では、それぞれのRFQの現状について述べる。

In this paper, we will report recent topics about J-PARC RFQs. First, the operating RFQ (RFQ I) have been recovered from the long shutdown due to the earthquake. This RFQ have been suffered from breakdown problem since 2008, therefore we have been developing a back-up RFQ (RFQ II). In April 2012, the high power test was successfully performed. It was confirmed to be able to stably operate at nominal power and duty factor (333 kW and 3%). Finally, we are fabricating a new RFQ for the beam-current upgrade of the J-PARC linac (RFQ III). The brazing of the first unit will be done in this September. The status of these RFQs are described.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.