検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Development of WASAVIES (Warning System of AVIation Exposure to SEP); System overview

太陽高エネルギー粒子被ばく線量予測システムWASAVIESの開発; システムの概要

佐藤 達彦; 保田 浩志*; 片岡 龍峰*; 八代 誠司*; 桑原 孝夫*; 塩田 大幸*; 久保 勇樹*

Sato, Tatsuhiko; Yasuda, Hiroshi*; Kataoka, Ryuho*; Yashiro, Seiji*; Kuwabara, Takao*; Shiota, Daiko*; Kubo, Yuki*

巨大な太陽フレアが発生した場合、太陽から放出される高エネルギー太陽放射線(SEP)の影響により航空機高度の被ばく線量は短時間で劇的に上昇する。その被ばく線量増加を的確に予測するため、われわれの研究チームでは、高々度SEP被ばく警報システムWASAVIESの開発に取り組んでいる。WASAVIESでは、まず、宇宙天気に関する最新の情報に基づいて大気に入射するSEPスペクトルをフレア発生から6時間以内に予測する。その後、原子力機構が中心となって開発している粒子輸送計算コードPHITSを用いて作成した大気圏内宇宙線スペクトルデータベースを用いて、入射SEPフラックスを各高度における被ばく線量に変換する。発表では、現状のシステムで、過去における太陽フレア時の中性子モニタ計数率変化をどの程度予測できるか検証した結果について報告する。

When solar energetic particles (SEP) are incident to the atmosphere, they can induce air showers by generating varieties of secondary particles. Such secondary particles can reach the deep into the atmosphere, and enhance the level of radiation doses. This can be a hazard of aircrews. In order to precisely estimate the radiation doses during large solar particle events, we are developing a warning system of aviation exposure to SEP, WASAVIES. The WASAVIES has been tested and verified by making a comparison between the measured and calculated count rates of several neutron monitors during past GLE (ground level enhancement) events. The final goal of our project is to predict the enhancement of radiation doses due to SEP exposure within 6 hours from the GLE onset.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.