検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Radioactivity evaluation of the secondary sodium in DRACS of the Japan Sodium-cooled Fast Reactor

実用高速炉の直接炉心冷却系の2次系ナトリウムの放射化量評価

佐々木 研治*; 内藤 克昭*; 大木 繁夫; 大久保 努; 小竹 庄司*

Sasaki, Kenji*; Naito, Katsuaki*; Oki, Shigeo; Okubo, Tsutomu; Kotake, Shoji*

実用高速炉の直接炉心冷却系(DRACS)は異常・事故時に炉心を冷却するために設けられた安全上重要なシステムである。DRACSの2次系配管は非管理区域に引回す計画であるため、DRACSの炉内熱交換器(DHX)内の2次系ナトリウムの放射化量を制限する必要がある。本研究ではモンテカルロ計算コードMCNPと核データ・ファイルJENDL-3.3を用いて、炉心から漏えいする中性子によるDHX内の2次系Na-24生成量、DRACSのNa-24放射能濃度、2次系配管周りの線量率を評価し、非管理区域に引回しても、遮へい設計の観点からは問題ないことを確認した。

This paper evaluates the amount of activation of the secondary sodium in Direct Heat Exchanger (DHX) by neutrons leaked from the core, the radioactivity density, and the dose rate around the secondary sodium pipes in Direct Reactor Auxiliary Cooling System (DRACS) and confirms that the requirements in radioactivity free areas are satisfied by improving the exactness of calculation model with Monte Carlo Methodology.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.