検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~  年

核燃料物質使用施設の高経年化に係る安全性評価手法の開発

Development of safety review method to cope with an aging degradation for the facilities using nuclear material

藤島 雅継; 水越 保貴; 坂本 直樹; 大森 雄

Fujishima, Tadatsune; Mizukoshi, Yasutaka; Sakamoto, Naoki; Omori, Tsuyoshi

大洗研究開発センター福島燃料材料試験部には、高速増殖炉の高性能燃料及び材料の開発を目的とした5つの核燃料物質使用施設 照射後試験施設がある。これらの施設は昭和40年代から50年代に建設されたもので、ホットインからいずれも30年以上経っている。そこで、施設の安全の確保のため、平成15年度より独自の安全評価に取組んでいる。この取組みは、想定されるリスクを摘出し、未然に適切な処置を施すなどの対策によりトラブルを防止しようというものである。その精神は、発電用原子炉等の高経年化対策に適用されている定期安全評価に学んでいる。評価手法の特徴は、安全に影響するさまざまな要因を数値化し、性能劣化監視指標により、適切な保全活動に反映していく点にある。本論文では、福島燃料材料試験部で行っている施設の安全評価への取組みについて、経緯,評価手法と保全活動への展開の状況についてまとめた。

In order to develop fuels and materials for fast reactors, five hot laboratories as a facility using nuclear materials for post irradiation examination (PIE) are now in operation at the Oarai Research and Development Centre of Japan Atomic Energy Agency. More than 30 years have passed since the first hot run of these facilities was started, and it has been indispensable to maintain the principal equipment for continuous safe operation. For application to preventive maintenance and the safe operation, a new safety review method that could be applied for these facilities was developed by modification of periodic safety review tools using for Japanese commercialized power reactors. Effective repair or replacement of equipment before malfunction have been performed and the priority for preventive maintenance could be appropriately determined for stable management of hot facility operations by the developed method.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.