検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

原子力科学研究所における福島第一原子力発電所事故に対する大気中放射性物質モニタリング結果の再評価

Review of the atmospheric radioactivity monitoring at Nuclear Science Research Institute, following the Fukushima accident

大倉 毅史; Feistenauer, P.*; Meisenberg, O.*; 篠永 妙子*; Tschiersch, J.*

Okura, Takehisa; Feistenauer, P.*; Meisenberg, O.*; Shinonaga, Taeko*; Tschiersch, J.*

福島第一原子力発電所事故後に、原子力科学研究所で行われた大気中放射性物質モニタリングの結果について再評価を行った。事故直後の汚染環境下での測定におけるバックグラウンド(BG)評価について、Helmholtz Zentrum M$"u$nchen (ドイツ)での再測定結果との比較により検証した。被ばく評価に重要なレベルの濃度の試料では、不確かさの範囲内で一致し、BGの評価方法として適切であったことが確認できた。一部の相対的低濃度の試料で差異がみられた。大気中濃度が大きく変化するときに、より適切なBG評価が困難であり、差異を生じさせていると考えられる。塵埃捕集用ろ紙(HE-40TA)の後段に配置された活性炭カートリッジ(CHC-50)から、放射性セシウムが検出されたことの原因を、放射性セシウムの粒度分布とHE-40TAの特性に着目し検証した。放射性セシウムの粒度分布は、捕集された塵埃をHE-40TAから分離し、カスケードインパクターに捕集することにより実験的に求められた。放射性セシウムの粒度分布とHE-40TAの特性から、約1%から5%程度の放射性セシウムがHE-40TAを透過していると見積もった。

The atmospheric radioactivity monitoring at Nuclear Science Research Institute, following the Fukushima accident was reviewed in this study. Comparison with measurement result of the filters at Helmholz Zentrum Muenchen (Germay) was made in order to discuss how to make an estimate of background under contaminated circumstance soon after the accident. Values of each other for samples with important level to estimate internal exposure was consistent; this points to that the adopted method to estimate background was appropriate. But some of samples with relative lower level were incompatible with each other. Penetration of radiocesium aerosols through HE-40TA was discussed with size distribution of radiocesium aerosols and characteristics of HE-40TA. Size distributions of radiocesium aerosols were evaluated experimentally, separated from HE-40TA and collected into a cascade impactor. The penetration was estimated by about 1% - 5%.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.