検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Status of J-PARC accelerators

J-PARC加速器の現状

長谷川 和男; 金正 倫計; 小栗 英知; 小関 忠

Hasegawa, Kazuo; Kinsho, Michikazu; Oguri, Hidetomo; Koseki, Tadashi

J-PARC施設はリニアック、RCS (Rapid Cycling Synchrotron)、MR (Main Ring synchrotron)、RCSからの3GeVビームを利用する物質生命科学実験施設(MLF)、MRからの30GeVビームを利用するハドロン実験施設(HD)及びニュートリノ実験施設(NU)から構成される。2011年3月11日の地震で大きな被害を受けたが、12月から調整を始め2012年1月から利用運転を開始した。2012年度は大きな故障もなくユーザー利用運転を行い、夏季のメンテナンス期間を利用して加速空洞の真空改善、可変偏向電磁石やコリメータなど性能向上のための機器の据付なども行った。この結果、MLFに300kW、NUに230kW、HDに15kWと、震災前以上のビームパワーで利用運転に供するとともに、RCSでは500kW以上の大強度試験にも成功した。本発表では、こうした運転経験や性能向上に向けた状況について述べる。

After nine-months of beam shutdown by the Great Earthquake in March 2011, the J-PARC facility resumed beam operation. In December 2011, operations were carried out at low duty for beam tuning. At the beginning of January 2012, we started beam tuning at the full repetition rate of 25 Hz at the linac and the 3 GeV Rapid Cycling Synchrotron (RCS). After the tuning, user programs of the Materials and Life Science Experiment Facility (MLF), the Neutrino facility and the Hadron facility started. We have gradually increased beam power for these facilities. We have also demonstrated new record power beyond 500 kW from the RCS. The status and progress of the J-PARC accelerators are presented.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.