検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

In-vessel inspection probing technique using remote imaging and laser spectroscopy

遠隔観察・レーザー分光を用いた炉内検査技術

伊藤 主税  ; 西村 昭彦 ; 大場 弘則; 若井田 育夫 ; 内藤 裕之; 杉山 僚; 茶谷 恵治

Ito, Chikara; Nishimura, Akihiko; Oba, Hironori; Wakaida, Ikuo; Naito, Hiroyuki; Sugiyama, Akira; Chiyatani, Keiji

福島第一原子力発電所の燃料デブリの位置や状況の把握を目的として、水中観察とレーザー分光が可能な新型光ファイバプローブを開発している。ファイバスコープ技術とレーザー誘起ブレークダウン分光(LIBS)を用いた遠隔・水中分光技術を組み合せ、10$$^{2}$$-10$$^{4}$$Sv/hの高放射線環境下で適用できる耐放射線性を備える。複合型光ファイバを用いた防水スコープを試作して水中観察試験によりその成立性を確認した。また、光ファイバを用いた遠隔LIBSによる水中の固体元素分析技術を開発し、水中の純鉄とステンレス鋼を判別できることを確認した。耐放射線性については、純粋石英コア光ファイバにヒドロキシ基を含有させた光ファイバの$$gamma$$線照射試験により積算線量100万Gyまで映像が取得できることを確認し、さらに、800nm前後の近赤外線を用いれば100万Gyまで映像の劣化が生じないことを把握した。今後は、プロトタイプを試作し、放射線環境下での観察・元素分析性能を実証していく。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.