検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

TIARA静電加速器の現状

Current status of electrostatic accelerators at TIARA

宇野 定則; 千葉 敦也; 山田 圭介; 横山 彰人; 薄井 絢; 北野 敏彦*; 高山 輝充*; 織茂 貴雄*; 金井 信二*; 青木 勇希*; 山田 尚人*; 石井 保行; 鳴海 一雅; 佐藤 隆博; 大久保 猛; 奈良 孝幸

Uno, Sadanori; Chiba, Atsuya; Yamada, Keisuke; Yokoyama, Akihito; Usui, Aya; Kitano, Toshihiko*; Takayama, Terumitsu*; Orimo, Takao*; Kanai, Shinji*; Aoki, Yuki*; Yamada, Naoto*; Ishii, Yasuyuki; Narumi, Kazumasa; Sato, Takahiro; Okubo, Takeru; Nara, Takayuki

2012年度のTIARAの3台の静電加速器は、ユーザーによるキャンセルを除き予定した研究利用日数の運転を行った。この年の年間運転時間は例年と同じ水準であり、3MVタンデム加速器で2,073時間、400kVイオン注入装置で1,847時間, 3MVシングルエンド加速器で2,389時間であった。タンデム加速器では故障はなかったが、イオン注入装置ではイオンの生成不良、シングルエンド加速器ではイオン源ガス流量調整弁の故障により、それぞれ1日と4日停止した。故障により中断した実験については調整日に補てんした。イオン注入装置では利用者からの要望により、フリーマンイオン源で水素化ヘリウムの分子イオンビームを生成した。この結果、200kV, 50nAのビーム強度で、研究利用への提供を開始した。

Three electrostatic accelerators at TIARA were operated on schedule in fiscal year 2012 except changing its schedule by cancellations of users. The yearly operation time of the 3MV tandem accelerator, the 400 kV ion implanter and the 3 MV single-ended accelerator were in the same levels as the ordinary one, whose operation time totaled to 2,073, 1,847 and 2,389 hours, respectively. The tandem accelerator had no trouble, whereas the ion implanter and the single-ended accelerator stopped by any troubles for one day and four days, respectively. The ion implanter generated molecular ion beam of helium hydride by using the Freeman type ion source, because of the request from the user. As a result, its intensity of beam was 50 nA at 200 kV.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.