検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

J-PARCリニアック用バンチ・シェイプ・モニタの開発

Bunch shape monitor for J-PARC linac

三浦 昭彦; Feschenko, A. V.*; Mirzojan, A. N.*; 宮尾 智章*; 大内 伸夫; 小栗 英知; 長谷川 和男; 池上 雅紀*

Miura, Akihiko; Feschenko, A. V.*; Mirzojan, A. N.*; Miyao, Tomoaki*; Ouchi, Nobuo; Oguri, Hidetomo; Hasegawa, Kazuo; Ikegami, Masanori*

J-PARCリニアックでは、ACS(Annular Coupled Structure)加速空洞を用いて、現在の181MeVから400MeVまでビームエネルギを増強するプロジェクトが進行している。現在、J-PARCリニアックで採用している加速空洞のRF周波数は324MHzであるのに対し、ACS加速空洞は972MHzである。このため、ACS加速空洞に入射する際には、位相(縦)方向のマッチングが重要である。そこで、ロシア原子力研究所(INR)と共同で、縦方向のビームプロファイルを測定するためのバンチ・シェイプ・モニタの開発を実施した。ここでは、開発したモニタの構造等を紹介するとともに、モニタの性能評価のために測定した結果の一部を紹介する。

In J-PARC linac, a project for energy and intensity upgrade has been progressed since 2009 using Annular-ring Coupled Structure (ACS) cavities. Because the longitudinal matching of the injection beam to the ACS cavities is required as well as the transverse matching, we decided to employ the bunch shape monitors (BSM's) to measure the longitudinal beam profile. We developed three BSM's in collaboration with INR (Institute for Nuclear Research: Russia) for the upstream part of the ACS section. We introduce the structure of BSM and mention the measured results taken during the commissioning of BSM.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.