検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

東京電力(株)福島第一原子力発電所事故に伴う放射性物質の長期的影響把握手法の確立,3; 走行サーベイによる空間線量率の測定

Study on distribution and migration of radioactive substances around the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant, 3; Measurement of air dose rate by a series of vehicle-borne survey

安藤 真樹  ; 中原 由紀夫 ; 佐藤 哲朗; 松田 規宏 ; 斎藤 公明 

Ando, Masaki; Nakahara, Yukio; Sato, Tetsuro; Matsuda, Norihiro; Saito, Kimiaki

福島第一原子力発電所事故に伴う放射性物質による空間線量率について、その経時変化傾向を確認することを目的として、平成24年度にKURAMA-IIモニタリングシステムを用い13都県において道路上での線量率を2回にわたり測定した(第4次及び第5次走行サーベイ)。その結果、平成23年度実施の第2次走行サーベイに比べて第4次走行サーベイでは時間が約9か月経過することで0.7程度に、同様に約12か月経過した第5次走行サーベイでは0.6程度に減少した。また、半減期による物理減衰に対し測定結果は減衰率が大きく、除染やウェザリングの効果が15%以上存在することがわかった。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.