検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Theoretical study of beta decay for delayed neutron

遅発中性子のための$$beta$$崩壊の理論的研究

小浦 寛之 ; 千葉 敏*

Koura, Hiroyuki; Chiba, Satoshi*

遅発中性子のための$$beta$$崩壊の理論的研究を行う。$$beta$$崩壊は原子核崩壊の一つであるが、弱い相互作用で崩壊するという、原子核において特異なプロセスである。原子炉運転の安全性においてきわめて重要な役割を果たす平均遅発中性子放出数$$overline{nu_{rm d}}$$は総和計算という考えで理解することができ、それは$$overline{nu_{rm d}}$$が核分裂生成物の個々の核種の遅発中性子放出割合と累積核分裂収率との積の総和で与えることができるというものである。この内遅発中性子割合が$$beta$$崩壊の随伴現象であり、$$beta$$崩壊理論を用いて記述できる。本発表ではこの総和計算の考えの元、遅発中性子割合を$$beta$$崩壊の大局的理論を用いて扱い、$$beta$$崩壊確率および遅発中性子放出割合の現状について考察した。両者とも大局的理論計算における改善が矛盾なく有意になされることが可能であることを示し、その方策について述べる。

Theoretical calculation of $$beta$$ decay for delayed neutron is studied. $$beta$$ decay is one of the nuclear decay processes, but only occurs with the weak interaction. The number of averaged delayed neutron emission is estimated from the idea of the summation method, in which the averaged delayed neutron emission is sum of the $$beta$$-delayed neutron emission probabilities multiplied by cumulative fission yield. Under the consideration of the gross they of the $$beta$$ decay, current status for reproduction of $$beta$$-decay rate and delayed neutron probability is studied.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:100

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.