検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

福島第一原子力発電所事故に伴う放射性物質の長期的影響把握手法の確立,2; 鉄パイプを用いた土壌深度分布測定システムに関する性能評価

Study on distribution of radioactive substances around Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant, 2; Study on system used by steel pipe method for depth profile

松田 規宏 ; 斎藤 公明 

Matsuda, Norihiro; Saito, Kimiaki

東京電力福島第一原子力発電所事故を起因とする放射性セシウムの土壌中の深度分布調査を目的とした鉄パイプによる土壌採取と非破壊測定を組み合わせた測定システムに関して、粒子・重イオン輸送計算コードPHITSによるシミュレーションで、その性能を評価した。当該測定システムで得られた放射性セシウムの土壌中の深度分布は、実際の深度分布に対して過大となることをシミュレーションにより明らかにした。過大評価は、コリメータ外から鉛ブロックを透過して検出器に到達する$$gamma$$線によるものであり、指数分布となる土壌中の放射性セシウムの深度分布のように線源強度が急激に変化する対象を有限厚の遮蔽体を用いた体系で測定・評価する際に起こり得る問題で、本測定システムのようにコリメータ厚などが制限された条件においては、このような特性に注意する必要がある。また、制限条件下では、測定システムの性能評価に基づき測定結果を補正することも有効な手段である。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.