検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Overview of the equipment for a demonstration of laser Compton-scattered photon source at the cERL

cERLにおけるレーザーコンプトン散在源のためのデモンストレーション用装置の概要

永井 良治; 羽島 良一; 小菅 淳; 森 道昭; 静間 俊行; 西森 信行; 赤木 智哉*; 本田 洋介*; 浦川 順治*

Nagai, Ryoji; Hajima, Ryoichi; Kosuge, Atsushi; Mori, Michiaki; Shizuma, Toshiyuki; Nishimori, Nobuyuki; Akagi, Tomoya*; Honda, Yosuke*; Urakawa, Junji*

準単色の$$gamma$$線を用いた非破壊核種分析システムの開発を行っている。その準単色$$gamma$$線はエネルギー回収型リニアックとレーザー技術を基盤としたレーザーコンプトン散乱により発生する。その$$gamma$$線源のために要求される加速器とレーザーの性能を実証するために、高エネルギー加速器研究機構で建設中の加速器、コンパクトERLでの実証実験を計画している。その実験のためにモードロックファイバーレーザー、レーザー蓄積共振器、実験ハッチを準備している。それら装置の詳細について報告する。

A nondestructive assay system of isotopes by quasi-monochromatic $$gamma$$-rays and nuclear resonance fluorescence is under development in JAEA. The quasi-monochromatic $$gamma$$-rays are generated by laser Compton scattering (LCS) based on energy recovery linac accelerator and laser technologies. In order to demonstrate the accelerator and laser performance required for the $$gamma$$-ray source, an LCS experiment is planned at Compact ERL (cERL) at KEK. A mode-locked fiber laser, laser enhancement cavity, beamline, and experimental hatch are under construction for the LCS experiment. Up-to-date construction status is presented in detail.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.