検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Search for the $$Theta^+$$ pentaquark at J-PARC

J-PARCでのペンタクォーク探索

森津 学*; 杉村 仁志; 今井 憲一; 市川 裕大   ; 細見 健二  ; 他69名*

Moritsu, Manabu*; Sugimura, Hitoshi; Imai, Kenichi; Ichikawa, Yudai; Hosomi, Kenji; 69 of others*

ペンタクォークはSPring-8で初めて確認されて以来様々な研究機関において、確認された例もあれば有意なシグナルが確認されなかった例も多々ある。そもそもペンタクォークは崩壊幅が狭いため、エネルギー分解能のよい測定を行えば確実に測定されるはずである。そのため、J-PARCで高精度のエネルギー分解能1.5MeV程度を持つ超電導K中間子スペクトロメータを用いて実験を行った。結果として有意なピークは確認されず、0.26$$mu$$bの上限値を与えた。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:29.38

分野:Physics, Nuclear

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.