検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

金の放射化を利用した環境中漏洩中性子線量の評価

Evaluation of neutron dose released in the environment by activation of gold

櫛田 浩平; 安藤 麻里子; 天野 光*

Kushita, Kohei; Atarashi-Andoh, Mariko; Amano, Hikaru*

金はその化学的安定性等の特性により古代から人類に利用されてきた有用な元素であるが、その核的特性から原子力・放射線の分野でも優れて有用である。ここでは1999年に起きたJCO臨界事故の際に、その近隣の住宅に保管されていた指輪やネックレスなどの金製品の放射化量を分析することにより、環境中に漏洩した中性子線量を評価した研究について報告する。臨界事故現場からの距離168mから568mの住宅に保管されていた金製品16点を分析した結果、臨界終息時刻での放射化量は金の単位重量(g)当たり91.9から0.322Bqであった。その放射化量は距離の累乗関数で近似される減少の傾向を示した。また漏洩中性子による線量当量を評価した文献データと比較し、得られた金の放射化量から中性子線量を評価する手法を検討した。本研究は環境中漏洩中性子線量、さらにその場所での被ばく線量当量を推測するためのモニター材として金が有用であることを示す一例である。

We report here the study of activated gold for the estimation of neutron dose in the environment in the case of JCO criticality accident happened in Tokai, Japan, in 1999. We collected and analyzed 16 gold samples, such as ring, coin or necklace stored at residents houses in the range from 168 to 568 m from the accident place of JCO. They gave activities from 91.9 to 0.322 Bq/g-Au as standardized values at 06:15, Oct. 1, 1999, when the criticality reaction had ceased after 20 hours of continuation. The induced radioactivity of gold samples showed a good correlation as a power function of distance. The induced radioactivity of gold is discussed with reference data to estimate dose equivalent in the environment around JCO. This paper gives an example showing the usefulness of gold in the field of nuclear and radiation studies and applications.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:100

分野:Chemistry, Analytical

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.