検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Simulation of logic gate using d-dot's

d-ドットを用いた論理回路のシミュレーション

中島 督*; 加藤 勝*; 小山 富男*; 町田 昌彦 ; 石田 武和*; Nori, F.*

Nakajima, Susumu*; Kato, Masaru*; Koyama, Tomio*; Machida, Masahiko; Ishida, Takekazu*; Nori, F.*

d-ドットとは、d波超伝導体とs波超伝導体の2種類の超伝導体による複合ドット構造であり、両者の界面にて半磁束量子が形成されることが知られている。本論文発表では、この半磁束量子の時間変動を2成分ギンツブルク・ランダウ方程式を基に解析するシミュレーションについて述べた後、シミュレーションにより、d-ドットが論理回路デバイスとして動作することを明らかにする。また、複数のd-ドットの相互干渉についても、シミュレーションし、情報の交換がどのように行われるかを明らかにする。

A d-dot is a superconducting composite structure of d- and s-wave superconductors, which shows spontaneous half-quantized magnetic fluxes. We developed numerical method to analyze the time development of these spontaneous magnetic fluxes, based on the twocomponents Ginzburg-Landau equation. The d-dot can be used as an element of quantum dot cellular automata logic gates. We show a simulation, which demonstrates the transfer of information between two d-dot's.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:23.21

分野:Physics, Applied

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.