検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Software development for the effective utilization of event-recording data of TrigNET at MLF, J-PARC

J-PARC, MLFにおけるTrigNETのイベントデータを有効活用するソフトウェアの開発

稲村 泰弘 ; 中谷 健 ; 伊藤 崇芳*; 大友 季哉*; 佐藤 節夫*; 瀬谷 智洋*; 坂口 将尊*

Inamura, Yasuhiro; Nakatani, Takeshi; Ito, Takayoshi*; Otomo, Toshiya*; Sato, Setsuo*; Seya, Tomohiro*; Sakaguchi, Masataka*

J-PARC, MLFではデータ収集システムにイベントレコーディング手法が採用されている。最近、汎用の電気信号を中性子データと同期したイベントデータへ変換できるデータ収集モジュールTrigNETの開発に成功し使用が進んでいる。TrigNETは装置の機器と接続されそれらの出力、例えば試料用のゴニオメーターの角度や温度センサーの温度、入射中性子整形用チョッパーの位相状態などを取り込む。このTrigNETからのイベントデータを解析することで、TrigNETへ入力された機器の状態によって中性子のデータを選別(フィルタリング)することができる。この機能により、ユーザーは様々な条件の測定を行うことがより容易になる。例えば単結晶試料内の励起について幅広い運動量-エネルギー空間を測定する場合では、これまで試料の角度の異なる多数の測定を組み合わせる必要があったが、この手法を用いることで連続的に試料の角度を変化させながらの一つの測定を行うだけとなる。これはユーザーがより多様かつ先進的な研究を進めるのに必要な手法となるであろう。

The Materials Life Science Facility (MLF) in the Japan Proton Accelerator Research Complex (J-PARC) adopted the event data recording methods on the data acquisition system (DAQ). In this method, both of the time and position information for neutron detections are recorded. Recently we developed successfully a DAQ electric module TrigNET, which records common electric signals as events synchronized with neutrons. TrigNET will connect with instrument devices and gather output signals from them, i.e. sample direction from goniometers, thermometers for sample and phase information from choppers controller. By analyzing events from TrigNET, neutron events can be filtered for each condition users want to see. This filtering method enables users to measure and analyze the information of the sample under various outer conditions more easily.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.