検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

無人ヘリ搭載散乱エネルギー認識型ガンマカメラの開発,3; 福島第一原発の周辺におけるフィールド試験

Development of energy recognizable type gamma camera mounted on the unmanned helicopter, 3; Field test around the Fukushima Daiichi NPP site

志風 義明; 鳥居 建男; 島添 健次*; Jiang, J.*; 高橋 浩之*; 黒澤 俊介*; 鎌田 圭*; 吉川 彰*; 吉野 将生*; 伊藤 繁樹*; 遠藤 貴範*; 加藤 翔*; 佐藤 浩樹*; 薄 善行*

Shikaze, Yoshiaki; Torii, Tatsuo; Shimazoe, Kenji*; Jiang, J.*; Takahashi, Hiroyuki*; Kurosawa, Shunsuke*; Kamada, Kei*; Yoshikawa, Akira*; Yoshino, Masao*; Ito, Shigeki*; Endo, Takanori*; Kato, Sho*; Sato, Hiroki*; Usuki, Yoshiyuki*

東京電力福島第一原子力発電所事故に伴い、大量の放射性物質が広範囲に放出された。放射性セシウム等よる汚染状況・ホットスポットの的確な把握及び除染作業の効率化のためには、上空から広範囲を迅速に確認できる手段と合わせてコンプトンカメラ等による線源位置の特定が有効である。そこで、無人ヘリに搭載可能なコンプトンカメラ方式のガンマカメラを開発した。今回、GAGGシンチレータと光検出器(APD/SiPM)及びデータロガーで構成されるガンマカメラを無人ヘリに搭載しての撮影試験を浪江町の請戸川の河川敷において実施した。試験では、予定した測線に沿って飛ぶプログラミングフライト及びホバーリングフライトによる測定を幾つかの条件で実施した。ここでは、その試験状況とその結果得られた計数率マップなどから本ガンマカメラの基本特性について報告する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.