検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

モニタリングポストの測定値から大気中I-131濃度を推定する手法に係る検討

Study on estimation of I-131 concentrations in atmosphere using measured data by monitoring posts

山田 純也 ; 瀬谷 夏美 ; 羽場 梨沙 ; 武藤 保信; 橋本 周 ; 清水 武彦; 高崎 浩司 ; 横山 須美*; 下 道國*

Yamada, Junya; Seya, Natsumi; Haba, Risa; Muto, Yasunobu; Hashimoto, Makoto; Shimizu, Takehiko; Takasaki, Koji; Yokoyama, Sumi*; Shimo, Michikuni*

福島第一原子力発電所事故初期における大気中I-131濃度の同一地点における連続的な測定データは非常に限られたものであった。このことは原子力災害時のような混乱した状況下で、空気サンプリング試料の$$gamma$$線核種分析に基づく大気中I-131濃度の評価が容易でないことを示している。このような背景を踏まえ,比較的容易に測定できるモニタリングポストの測定値から大気中I-131濃度を推定する手法について検討した。本手法では測定値としてNaI(Tl)検出器の波高分布から得られるI-131の364keVの光電ピークカウントを用いた。この測定値に放射線輸送計算コードEGS5により計算した濃度換算係数を乗じることで大気中I-131濃度の推定を試みた。本発表では濃度換算係数の計算結果を中心に報告する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.