検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

チェレンコフ光観測の原子炉計測への適用,1; チェレンコフ光量による原子炉出力の推定

Application of Cherenkov light observation to reactor measurements, 1; Estimation of reactor power from Cherenkov light intensity

山本 圭一; 武内 伴照  ; 佐野 忠史*; 本間 亮平*; 木村 伸明 ; 大塚 紀彰 ; 小菅 史明*; 中島 健*; 土谷 邦彦 

Yamamoto, Keiichi; Takeuchi, Tomoaki; Sano, Tadafumi*; Homma, Ryohei*; Kimura, Nobuaki; Otsuka, Noriaki; Kosuge, Fumiaki*; Nakajima, Ken*; Tsuchiya, Kunihiko

既存軽水炉における運転管理技術・炉心計画の高度化及びシビアアクシデント時にも対応できる監視システムの開発の一環として、原子炉出力変化時におけるチェレンコフ光の輝度などの変化を定量的に測定及び評価することにより、通常の計装では監視できない炉心内の核的・熱的情報をリアルタイムで原子炉計測が可能なシステムを開発することを目的として研究を行っている。本報告書は、燃料から放出される$$gamma$$線及び$$beta$$線によるチェレンコフ光量の評価をモデル計算により求め、京都大学研究用原子炉で観察したチェレンコフ光の画像から炉内情報を得るための検討結果をまとめたものである。

Development of the reactor measurement system was started to obtain real-time in-core nuclear and thermal information, where the quantity measurement of brightness of Cherenkov light was applied. The system would be applied as monitoring system in severe accidents and for advanced operation management technology in existing LWRs. In this report, the calculation and the observation results were summarized about the quantity of the Cherenkov light caused by the $$gamma$$ and $$beta$$ ray emitted from the fuels in the core of Kyoto University Research Reactor.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.