検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

TIARA静電加速器の現状

Current status of electrostatic accelerators at TIARA

薄井 絢; 宇野 定則; 千葉 敦也; 山田 圭介; 横山 彰人; 北野 敏彦*; 高山 輝充*; 織茂 貴雄*; 金井 信二*; 青木 勇希*; 山田 尚人; 橋爪 将司*; 鳴海 一雅; 石井 保行; 佐藤 隆博; 大久保 猛; 奈良 孝幸

Usui, Aya; Uno, Sadanori; Chiba, Atsuya; Yamada, Keisuke; Yokoyama, Akihito; Kitano, Toshihiko*; Takayama, Terumitsu*; Orimo, Takao*; Kanai, Shinji*; Aoki, Yuki*; Yamada, Naoto; Hashizume, Masashi*; Narumi, Kazumasa; Ishii, Yasuyuki; Sato, Takahiro; Okubo, Takeru; Nara, Takayuki

平成25年度の原子力機構高崎量子応用研究所のイオン照射研究施設(TIARA)の3MVタンデム加速器、400kVイオン注入装置、3MVシングルエンド加速器はマシントラブルによる実験の中止がなく、年間運転計画に対する稼働率は100%であった。年度末に補正予算を用いて老朽化した装置の更新を行うため、2月末までに土曜日を利用するなど、年間運転計画を前倒しすることで年度当初に計画した研究利用時間を確保した。各加速器の運転時間は、それぞれ例年並みの2,062時間, 2,320時間, 1,866時間であった。また、タンデム加速器は10月に総運転時間40,000時間を達成した。タンデム加速器では、断続的にターミナルの電圧安定度が極端に低下する現象が起こっている。その原因は、GVMアンプ, CPOアンプ及びターミナルポテンシャルスタビライザ(TPS)等のフィードバック制御に関わる機器の異常ではなく、TPSに入力信号に生じる50$$sim$$100Hzの周期的な電圧変動にあることが判明した。この電圧変動は建屋や周辺機器からのノイズによるものではなかったため、他の原因と考えられるCAMAC電源の電圧変動との関係を今後調査する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.