検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

コンパクトERLでのレーザーコンプトン散乱光源実証実験用装置の建設

Construction of the equipment for a demonstration of laser Compton-scattered photon source at the cERL

永井 良治; 羽島 良一; 森 道昭; 静間 俊行; 赤木 智哉*; 小菅 淳*; 本田 洋介*; 浦川 順治*

Nagai, Ryoji; Hajima, Ryoichi; Mori, Michiaki; Shizuma, Toshiyuki; Akagi, Tomoya*; Kosuge, Atsushi*; Honda, Yosuke*; Urakawa, Junji*

エネルギー回収型リニアック(ERL)により生成された電子ビームを用いた高強度レーザーコンプトン散乱(LCS)$$gamma$$線源は非破壊核種分析システム実現のカギとなる技術である。LCS-$$gamma$$線源実現のために必要な加速器とレーザーを組み合わせた総合的な性能の実証のために、LCS光源とその周辺機器を、ERLを基盤とした光源のための試験加速器、コンパクトERL(cERL)に建設している。そのLCS光源はモードロックファイバレーザー、レーザーエンハンスメント共振器から構成され、ビームラインと実験ハッチについても建設中である。LSC光源のコミッショニングは2015年2月に開始され、3月にLCS光の発生を計画している。

A high intensity $$gamma$$-ray source from the laser Compton scattering (LCS) by an electron beam in an energy-recovery linac (ERL) is a key technology for a nondestructive assay system to identify nuclear materials. In order to demonstrate accelerator and laser technologies required for a LCS photon generation, a LCS photon source is under construction at the Compact ERL (cERL). The LCS photon source consists of a mode-locked fiber laser and a laser enhancement cavity. A beamline and an experimental hatch are also under construction. The commissioning of the LCS photon source will be started in February 2015 and LCS photon generation is scheduled in March 2015.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.