検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

レーザーコンプトン散乱光源用ビームラインモニタの開発

Development of the beamline flux monitor for the laser Compton-scattered photon source

永井 良治; 羽島 良一; 森 道昭; 静間 俊行; 赤木 智哉*; 小菅 淳*; 本田 洋介*; 浦川 順治*

Nagai, Ryoji; Hajima, Ryoichi; Mori, Michiaki; Shizuma, Toshiyuki; Akagi, Tomoya*; Kosuge, Atsushi*; Honda, Yosuke*; Urakawa, Junji*

レーザーコンプトン散乱(LCS)光源実現のために必要な加速器とレーザーを組み合わせた総合的な性能の実証のために、LCS光源とその周辺機器を、ERLを基盤とした光源のための試験加速器、cERLに建設している。LCS光源の調整用のフラックスモニタとして、LCSビームライン中に設置するモニタの検討を行った。薄いシンチレータ検出器とシリコンドリフト検出器の2種類の検出器を採用し、LCSビームラインの上流部に設置する計画である。フラックスモニタを設置する位置での電子ビームの制動放射によるバックグランドの計測を行い、バックグランドは許容できる範囲であり、フラックスモニタが十分に機能する範囲であることを確認した。

In order to demonstrate accelerator and laser technologies required for a laser Compton scattering (LCS) photon generation, a LCS photon source is under construction at the Compact ERL (cERL). We considered the flux monitors for the adjustment LCS photon source. A thin scintillator detector and a silicon drift detector are employed as flux monitors and are installed at the upstream part of the LCS beamline. The background signal level due to the bremsstrahlung of the electron beam was measured by a CsI(pure) scintillator. In the result of the measurement, the background signal is acceptable level for the flux monitors.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.