検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Development of ocean dispersion concentration maps of the contaminated water released from the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant

福島第一原子力発電所から放出される汚染水の相対拡散濃度マップの開発

小林 卓也; 印 貞治*; 石川 洋一*

Kobayashi, Takuya; In, Teiji*; Ishikawa, Yoichi*

東京電力福島第一原子力発電所(F1NPP)事故は、大量の放射性物質を大気・海洋環境へ放出する結果となった。2014年8月時点でF1NPPに滞留・貯留している汚染水は、タービン建屋、海側トレンチ、海側地下水、貯留設備等に存在する。これらの汚染水が海洋へ漏洩する可能性に備え、漏洩した放射性物質の日本の沿岸域及び日本周辺の海洋における移行過程を事前に把握しておくことは、漏えいによる海洋汚染範囲の予測や、迅速なモニタリング計画の策定に対して有効である。そこで原子力機構ではF1NPPから漏洩する汚染水の拡散の概略を把握するために、単位放出率の仮想放出シミュレーションを季節ごとに実行し、アンサンブル平均を求めて海洋拡散相対濃度マップを作成した。マップの検証として、2つの異なる季節における実際の放出事象に適用し、実測値をよく再現することを確認した。

Ocean diffusion concentration maps were developed to gain an understanding of the migration behavior of contaminated water leaking from the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant. We used ensemble mean values to define the semi-climatological seasonal field in our calculations of the trajectories of the contaminated water. The maps were validated by conducting actual release events in two different seasons. The results showed that despite their simplicity, the proposed methods yield relatively good results.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:81.41

分野:Nuclear Science & Technology

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.