検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

WAZA-ARI; CT撮影における患者の被ばく線量評価システム

WAZA-ARI; A Dose assessment system for patients in CT scan

佐藤 薫; 高橋 史明; 遠藤 章; 小野 孝二*; 長谷川 隆幸*; 勝沼 泰*; 吉武 貴康*; 伴 信彦*; 甲斐 倫明*

Sato, Kaoru; Takahashi, Fumiaki; Endo, Akira; Ono, Koji*; Hasegawa, Takayuki*; Katsunuma, Yasushi*; Yoshitake, Takayasu*; Ban, Nobuhiko*; Kai, Michiaki*

原子力機構では、国内でのCT診断時の患者の被ばく管理の向上に資するため、大分県立看護科学大学等との共同研究によりWAZA-ARIの開発を進め、2012年12月にその試用版を公開した。試用版のWAZA-ARIには、平均的成人日本人男性(JM-103)及び女性(JF-103)、4才児(UFF4)ファントムと放射線輸送計算コードPHITSを組み合わせて計算した臓器線量データベースが格納されている。WAZA-ARIでは、これらの臓器線量データベースの中から、撮影条件に応じた適切なデータが選択されて線量計算に利用される。試用版の公開以後、WAZA-ARIのホームページへのアクセス件数は月当たり概ね1000件を超えており、2014年9月末において28421件に達した。現在、試用版のWAZA-ARIの線量評価機能を拡張した本格運用版である、WAZA-ARI version 2の開発が進められており、2014年度中の公開を目指している。WAZA-ARI version 2では、利用者は自身で計算した線量データを登録し、国内での線量分布と比較する機能も追加されている。

The Japan Atomic Energy Agency (JAEA) are now developing WAZA-ARI for improvement of management of exposure doses due to CT examination under the joint research with the Oita University of Nursing and Health Sciences. The trial version of WAZA-ARI has been released on 21 December 2012. In trial version, users can perform dose assessment by using organ dose database based on the average adult Japanese male (JM-103) and female (JF-103) voxel phantoms and a 4 years old female voxel phantom (UFF4). The homepage of WAZA-ARI has been accessed over 1000 times per month and 28421 times by the end of September 2014. We are developing WAZA-ARI version 2 as the extension version of dose calculation functions of WAZA-ARI. WAZA-ARI version 2 will be released by the end of March 2015. In WAZA-ARI version 2. Users can upload dose calculation results to WAZA-ARI version 2 server, and utilize improvement of the dose management of patients and the optimization of CT scan conditions.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.