検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

JPDR保管廃棄物試料に対する放射化学分析,4

Analysis of the radioactivity concentrations in low-level radioactive waste generated from JPDR facilities, 4

大森 弘幸; 根橋 宏治; 島田 亜佐子; 田中 究; 安田 麻里; 星 亜紀子; 辻 智之; 石森 健一郎; 亀尾 裕

Omori, Hiroyuki; Nebashi, Koji; Shimada, Asako; Tanaka, Kiwamu; Yasuda, Mari; Hoshi, Akiko; Tsuji, Tomoyuki; Ishimori, Kenichiro; Kameo, Yutaka

日本原子力研究開発機構の研究施設から発生する研究施設等廃棄物については、将来的に浅地中埋設処分される予定であり、埋設処分を開始するまでに、簡便に廃棄体の放射能濃度を評価する方法を構築する必要がある。そこで、原子力科学研究所バックエンド技術部では、原子炉施設から発生する放射性廃棄物を対象とする放射能濃度評価方法の検討に資するために、原子力科学研究所内で保管されているJPDR施設の解体廃棄物から分析用試料を採取し、放射化学分析を実施してきた。本報告は、平成26年度に実施した放射化学分析($$^{93}$$Mo, $$^{137}$$Cs)の結果について報告するとともに、これまでに取得した放射能濃度データについて整理し、JPDR保管廃棄物に対する放射能濃度評価方法の検討のための基礎資料としてまとめたものである。

Simple and rapid methods to evaluate the radioactivity concentrations are required for the radioactive waste generated from research facilities in the Japan Atomic Energy Agency to dispose of in a near-surface repository. In order to establish the methods to evaluate the radioactivity concentrations of miscellaneous solid waste generated from research and testing reactors, we collected and analyzed samples from miscellaneous solid waste generated by the decommissioning of JPDR (Japan Power Demonstration Reactor). In this report, we reported the analytical data determined in fiscal 2014 ($$^{137}$$Cs and $$^{93}$$Mo) and summarized them with the radioactivity concentrations obtained in the past as basic data to consider the evaluation method of radioactivity concentrations in the stored waste taken from JPDR.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.