検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Development of muon linac for the muon g-2/EDM experiment at J-PARC

J-PARCにおける新しいミュオンg-2/EDM実験のためのミュオンリニアックの開発

大谷 将士*; 三部 勉*; 深尾 祥紀*; 齊藤 直人; 吉田 光宏*; 北村 遼*; 近藤 恭弘 ; 岩下 芳久*

Otani, Masashi*; Mibe, Tsutomu*; Fukao, Yoshinori*; Saito, Naohito; Yoshida, Mitsuhiro*; Kitamura, Ryo*; Kondo, Yasuhiro; Iwashita, Yoshihisa*

加速器によるミュオンの加速は、これまでに経験のないものである。これにより、ミュオンの異常磁気能率を0.1ppm、電気双極子モーメントを10$$^{-21}$$ e$$cdot$$cmの精度で測定し、素粒子の標準模型を超える物理を探索することが可能となる。我々は、ミュオン加速専用のリニアックを開発中であり、低速負ミュオンを用いた加速試験を行う予定である。この論文では、このミュオンリニアックの開発状況を述べる。まず、ミュオン$$g$$-2測定実験の概要を述べ、つぎにミュオンリニアックの全容について述べる。さらに、開発中の中速部用ディスクアンドワッシャ型加速空洞の設計について紹介し、最後に、負ミュオニウムを用いた高周波四重極リニアックの加速試験の準備状況について述べる。

Muon acceleration is beyond our experiences. It enables us to measure the muon anomalous magnetic moment with an accuracy of 0.1 ppm and search for electric dipole moment with a sensitivity of 10$$^{-21}$$ e$$cdot$$cm to explore beyond Standard Model of elementary particle physics. We are developing a linac dedicated to the muon acceleration and planning to try the muon acceleration by utilizing slow negative muonium production. This paper described status of these developments.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.