検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

環境回復の取組の概要と遠隔放射線モニタリング; 原子力機構による環境回復の取組,1

Outline of the activity for the environmental recovery and the R&D of remoteradiation monitoring; Activities for the environmental recovery by JAEA, 1

米谷 雅之; 眞田 幸尚 

Yoneya, Masayuki; Sanada, Yukihisa

東京電力福島第一原子力発電所事故より3年が経過し、放射性物質に汚染された環境を修復するための技術開発の加速化が求められている。原子力機構は、事故以来、福島復興に向けて環境汚染への対処のため様々な活動を行ってきた。ここでは、シリーズ解説の第1弾として、原子力機構における活動の概要及び放射線分布を測定するための遠隔放射線モニタリング手法の現状と課題について解説する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.