検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

埋設技術基準への適合性に係る検討

Review on conformance to technical criteria for near surface disposal

手塚 将志; 香田 有哉; 藤田 義彦*; 遠藤 伸之*; 久米 恭*

Tezuka, Masashi; Koda, Yuya; Fujita, Yoshihiko*; Endo, Nobuyuki*; Kume, Kyo*

「ふげん」には、濃縮廃液を固型化したアスファルト固化体が保管され、それらの中には廃棄体の埋設処分に係る基準(埋設技術基準)に適合しないものも存在する可能性があるため、これらは現状のままでは埋設処分できない。そこで、上記の基準に適合しない可能性のある「アスファルト固型物」が基準に適合するよう「再度処理」することを想定し、具体的方策に関する机上調査に加え、予備的な試験も合わせて行った。机上調査では、アスファルトやアスファルト固化体となった時の性状、「アスファルト固型物」の取り扱いや検査方法等について情報を整理した。机上の調査・検討結果から得られた情報をもとに、ごく小規模な「アスファルト固型物」の模擬体や再度処理を想定した固化体(セメント固化体、充填固化体)を試作し、それらの固化特性や化学的特性に関して予備的な試験を行うことで、今後の「再度処理」の検討に資する知見を得た。以上の調査・検討及び試験の結果を踏まえ、現在の埋設技術基準への適合を図っていくための考え方を整理した。そして、整理した考え方に基づき、今後取り組んでいくべき項目を提示し、3$$sim$$5か年程度の期間を想定したロードマップを作成した。

In FUGEN, asphalt solidified body which was solidified the concentrated liquid waste is, some of them might also be present which do not meet the criteria (buried technical standards) according to the buried disposal of waste Therefore, these can not be buried disposal remain status quo. Therefore, it is assumed that that may not conform to the above criteria, "Asphalt solid material" is to conform to the reference to "re-processing", in addition to the desk study on specific measures, and also to preliminary tests I went.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.