検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

構造解析解の確かさ推定のための数値実験

Numerical experiments for certainty in results of structural analysis

中島 憲宏; 西田 明美; 川上 義明; 鈴木 喜雄

Nakajima, Norihiro; Nishida, Akemi; Kawakami, Yoshiaki; Suzuki, Yoshio

原子力機構は、原子力施設等、大型構造物の耐震健全性を分析するための耐震信頼性試験を計算機上で実現できるように、耐震性評価用3次元仮想震動台の開発を進めている。これは、実験では困難な実物大構造物等の振動台試験や運転中の原子力発電施設等の振動台試験を計算機上で実現しようとする試みである。耐震性評価用3次元仮想震動台の主たる機能として、FIESTA(Finite Element Structural Analysis for Assembly)と呼ぶ組立構造物の構造解析コードを開発している。これは、原子力施設等の耐震健全性評価を行う一つの手段として、組立構造物の部品間挙動に着目した詳細解析法である。本報では、FIESTAの一部機能である解析結果の不確かさを確認する手段について、数値実験した結果について報告する。

Facilities in nuclear industry are known as large structures consisting of components more than 10 million. A method to analyze an assembly by gathering its components data has been introduced. This paper discusses how to understand certainty in results of assembly structural analysis. Numerical results are discussed with K, computer.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.