検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

三角格子反強磁性体のスピンカイラリティと強誘電性

The Spin chirality and ferroelectricity on a triangular lattice antiferromagnet

三田村 裕幸*; 綿貫 竜太*; 金子 耕士  ; 榊原 俊郎*

Mitamura, Hiroyuki*; Watanuki, Ryuta*; Kaneko, Koji; Sakakibara, Toshiro*

定常磁場中の中性子散乱実験とパルス磁場中の電気分極測定により完全三角格子反強磁性体RbFe(MoO$$_4$$)$$_2$$の強誘電性の起源が面内120$$^{circ}$$スピン構造のカイラリティであることを明らかにした。これは宮下精二先生らが提唱した120$$^{circ}$$スピン構造のカイラリティを巨視的物理量として初めて観測したものである。また、磁場中での電気分極の振る舞いを通じ、カイラリティの磁場依存性に関する川村光先生らの理論的予想を実験的に初めて検証することに成功した。更に、スピンカイラリティ由来の強誘電性を引き起こす物質の条件を対称性の議論により明らかにした。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.