検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Hazard-consistent ground motions generated with a stochastic fault-rupture model

確率論的断層モデルによる地震ハザード適合地震波

西田 明美; 五十嵐 さやか*; 坂本 成弘*; 内山 泰生*; 山本 優*; 村松 健*; 高田 毅士*

Nishida, Akemi; Igarashi, Sayaka*; Sakamoto, Shigehiro*; Uchiyama, Yasuo*; Yamamoto, Yu*; Muramatsu, Ken*; Takada, Tsuyoshi*

確率論的地震リスク評価手法の高度化を目的として、対象サイトの地震ハザードと調和し、震源特性の違いが認識可能な地震動群を生成する手法を提案し、その震源特性の傾向を分析した。原子力施設の地震PRA手法では、地震ハザード評価やフラジリティ評価などを用いた確率論的評価が一般的であり、モンテカルロシミュレーション(MCS)によって多数の地震動を作成して評価する場合にも、一様ハザードスペクトルなどに適合させて生成する場合が多い。しかしながら、このような地震動群には、年間頻度といった対象敷地の危険の程度は考慮されていても震源特性の違いまでは含まれていない。実際には、地震動は様々な震源特性を有しており、これらを考慮した地震動群を用いることによってより精度の高いPRAを行うことができるものと考える。本論文では、地震ハザードと調和し、かつ震源特性の違いを含む地震動群を生成する手法を提案し、その震源特性を分析した結果について述べる。

Most probabilistic risk assessments (PRA) of structures involve the use of probabilistic schemes such as the scheme using probabilistic seismic hazard and fragility curves. Even when earthquake ground motions are required in Monte Carlo Simulations (MCS), they are generated to fit the specified response spectra, such as uniform hazard spectra at a specified exceedance probability. These ground motions, however, are not directly linked with corresponding seismic source characteristics. In this paper, the authors propose a methodology based on MCS to reproduce a set of input ground motions to develop an advanced PRA scheme that can explain the exceedance probability and sequence of functional loss in a nuclear power plant. These generated motions are consistent with the seismic hazard for the target site and their seismic source characteristics can be recognized in detail.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:81.41

分野:Nuclear Science & Technology

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.