検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

MD計算によるBCC金属中のボイドとらせん転位の動的相互作用解析

Analyses of dynamic interactions between void and screw dislocation in BCC metals using molecular dynamics

鬼塚 貴志*; 大久保 学*; 福元 謙一*; 鈴土 知明 

Onitsuka, Takashi*; Okubo, Manabu*; Fukumoto, Kenichi*; Suzudo, Tomoaki

原子力プラントではBCC金属が構造材として多く採用されている。これらの炉内構造物の中性子照射脆化の要因のひとつとして、照射欠陥集合体が転位運動に対して障害物として寄与することが挙げられる。そこで分子動力学法(MD法)等の計算科学手法を用いた転位とボイドの動的な相互作用に関する研究が多数行われているが、らせん転位とボイドの相互作用に関しては未解明な部分が多く残されている。本研究では、分子動力学法によりFe中のらせん転位とボイドの動的相互作用メカニズムの解析を行なった。

Many of BCC metals are used as structural materials in nuclear devices. A possible cause of embrittlement of such metals under neutron radiation is accumulation of lattice defects that hamper the dislocation motions. Molecular dynamics have been used for the analyses of such dislocation motions, but interaction mechanism between the lattice defects and screw dislocation are still unclear. In this talk, we utilize molecular dynamics and analyze the interaction between void and screw dislocation in BCC Fe.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.