検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

福島原発80km圏の空間線量率の予測

Prediction of ambient dose equivalent rates within 80km radius of the Fukushima NPP

木名瀬 栄; 村上 優子; 高橋 知之*; 鈴木 忠和*; 杉田 武志*; 安藤 真樹; 三上 智 ; 山本 英明; 斎藤 公明

Kinase, Sakae; Murakami, Yuko; Takahashi, Tomoyuki*; Suzuki, Tadakazu*; Sugita, Takeshi*; Ando, Masaki; Mikami, Satoshi; Yamamoto, Hideaki; Saito, Kimiaki

原子力機構では、福島復興に資するため、原子力規制庁の放射性物質測定調査委託事業の一環として、環境中の放射性セシウムを起因とした空間線量率の分布状況変化モデルを開発している。開発したモデルを用いて、福島事故30年後の避難指示区域内の空間線量率分布を評価した結果、年間20mSv(3.8$$mu$$Sv/h)を超えるエリアは、事故5年後に較べ、約20分の1程度に減少することが示唆された。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.