検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Interdigital $$H$$-mode drift-tube linac design with alternative phase focusing for muon linac

ミューオンリニアックのための交換位相収束を用いた交差櫛形Hモードドリフトチューブリニアックの設計

大谷 将士*; 三部 勉*; 吉田 光宏*; 長谷川 和男; 近藤 恭弘; 林崎 規託*; 岩下 芳久*; 岩田 佳之*; 北村 遼*; 齊藤 直人

Otani, Masashi*; Mibe, Tsutomu*; Yoshida, Mitsuhiro*; Hasegawa, Kazuo; Kondo, Yasuhiro; Hayashizaki, Noriyosu*; Iwashita, Yoshihisa*; Iwata, Yoshiyuki*; Kitamura, Ryo*; Saito, Naohito

J-PARCにおけるミューオン異常磁気モーメント及び電気双極子モーメント測定実験のための、交代位相収束(APF)を用いた交差櫛形Hモードドリフトチューブリニアック(IH-DTL)の設計を行った。IH-DTLはミューオンを光速の0.08倍から0.28倍まで加速し、共振周波数は324MHzである。LINACSapfコードを用いてAPFのビーム力学設計を行い、空洞設計はCST micro wave studioを用いた。設計によって得られたIH-DTL出口でのエミッタンスは、0.315及び0.195$$pi$$ mm mradであり、物理実験に必要な性能をみたす設計が得られた。

We have developed an interdigital H-mode (IH) drift-tube linac (DTL) design with an alternative phase focusing (APF) scheme for a muon linac, in order to measure the anomalous magnetic moment and electric dipole moment (EDM) of muons at the Japan Proton Accelerator Research Complex (J-PARC). The IH-DTL accelerates muons from beta 0.08 to 0.28 at an operational frequency of 324 MHz. The output beam emittances are calculated as 0.315 $$pi$$ and 0.195 $$pi$$ mm mrad in the horizontal and vertical directions, respectively, which satisfies the experimental requirement.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:24.69

分野:Physics, Nuclear

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.