検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

資源化処理した汚染がれきの放射能分布測定・評価手法の検討

A Study on measurement and evaluation method for radioactivity concentration distribution of recycled materials from contaminated debris

島田 太郎; 高井 静霞; 武田 聖司

Shimada, Taro; Takai, Shizuka; Takeda, Seiji

東京電力福島第一原子力発電所事故で発生した大量の汚染がれきのうち、放射能濃度が比較的低いものを再利用するためには、資源化処理されたがれきの放射能濃度を測定・評価によって明らかにして、再利用可能とされるめやす濃度以下であることを確認する必要がある。本研究では、資源化処理された汚染がれきを対象に、放射線測定と逆解析手法を組み合わせて、資源化物内部の放射性セシウム濃度分布を評価する手法について検討した。がれきを収納した容器表面の線量率分布を測定する装置に関しては、既存の放射線測定装置の中から、多点数を同時に測定可能なプラスチックシンチレーションファイバーを用いた装置を想定した。また、内部の放射能分布を評価する逆解析手法に関して、代表的な7つの手法を典型的な濃度分布に適用した結果、今回の評価条件で真値を精度よく推定できた手法はGVSPM法及びML-EM法などであった。

In order to recycle contaminated debris of which concentration is relatively lower in Fukushima Daiichi Nuclear Power Station, it is necessary to confirm that the mean radioactive concentration is lower than a reference value with consideration of the distribution by measurement and evaluation. We studied a method combining radiation measurement and inverse analysis to obtain the distribution of radioactivity concentration of recycled material. Plastic scintillation fiber will be applied to radiation measurement to obtain dose rates outside the container containing recycled material at many measurement points. As a result of application of 7 inverse analysis methods to typical two types of distribution, GVSPM and ML-EL methods can evaluate true values in the trials.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.