検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Study of the $$overline{K}$$-nucleus interaction by using the $$^{12}$$C(K$$^{-}$$, p) reaction at J-PARC

J-PARCにおける$$^{12}$$C(K$$^{-}$$, p)反応を使用したK中間子-原子核間力の研究

市川 裕大; 江川 弘行; 長谷川 勝一; 早川 修平; 細見 健二; 今井 憲一; 金原 慎二; 中田 祥之; 佐甲 博之; 佐藤 進; 杉村 仁志; 谷田 聖; 他31名*

Ichikawa, Yudai; Ekawa, Hiroyuki; Hasegawa, Shoichi; Hayakawa, Shuhei; Hosomi, Kenji; Imai, Kenichi; Kimbara, Shinji; Nakada, Yoshiyuki; Sako, Hiroyuki; Sato, Susumu; Sugimura, Hitoshi; Tanida, Kiyoshi; 31 of others*

これまで反K中間子と原子核の間の相互作用はK中間子原子(K-中間子と原子核の電磁相互作用による束縛状態)のX線を用いて研究が行われてきた。しかし、このK中間子原子のX線測定では理論モデルの種類によって結果が大きく依存するという問題がため、X線測定だけでは相互作用を決定することが困難である。そこで、われわれは$$^{12}$$C(K$$^{-}$$, p)反応におけるエネルギースペクトルを測定し、理論計算と比較する手法を用いて反K中間子と原子核の間の相互作用を決定しようとしている。この手法は既にKEK E548実験で行われているが、実験セットアップ上の問題点が指摘されているため、過去の高エネルギー加速器研究機構での実験では不十分である。そこで、われわれはJ-PARCにおいて再実験を行い、正しく$$^{12}$$C(K$$^{-}$$, p)のスペクトルを取得することに成功した。

An interaction between K$$^{bar}$$ and nucleus is studied by using the X-ray from the kaonic atoms for a long time. However, it is difficult to determine the K$$^{bar}$$-nucleus interaction by using only kaonic-atoms data because the value of shift and width of the X-ray depend not only the potential depth but also the type of theoretical model. Thus, we study the $$overline{K}$$-nucleus interaction by comparing an observed missing-mass spectrum of the $$^{12}$$C(K$$^{-}$$, p) reaction with the DWIA calculation. Such a study has already reported from KEK-E548 experiment. However, their experiment is not enough to determine these interaction because they were pointed out about the experimental condition. Thus, we performed the further experiment to take the real spectrum of $$^{12}$$C(K$$^{-}$$, p) reaction at J-PARC.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.