検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

放射性物質の環境動態に伴う被ばく経路を考慮したコンパートメントモデルの構築

A Compartment model of radionuclide migration in environment based on exposure pathways

操上 広志; 新里 忠史; 鶴田 忠彦; 加藤 智子; 北村 哲浩; 菅野 光大*; 黒澤 直弘*

Kurikami, Hiroshi; Niizato, Tadafumi; Tsuruta, Tadahiko; Kato, Tomoko; Kitamura, Akihiro; Kanno, Mitsuhiro*; Kurosawa, Naohiro*

本報告では、河川(二級河川)流域規模での放射性物質(特に放射性セシウム)の動態に伴う被ばく経路を考慮したコンパートメントモデルを構築し、試行的な解析を行った。その結果、各コンパートメントのインベントリや濃度、コンパートメント間のフラックスはおおよそ現実的な値となった。一方で、堆積物や外洋への移行、農林水産物への移行について実測値との比較によるモデル検証は十分でなく、今後、実測値との比較を詳細に実施し、コンパートメント設定やパラメータの設定の妥当性を確認していく必要がある。

In this report, we developed a compartment model of radionuclide migration in environment based on exposure pathways in a river basin scale and performed a preliminary calculation. The results showed good agreement with some measurement, although the comparison of bed sediment, transportation to outer sea and to agricultural products with the measurement was not enough. We continue to validate the model.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.