検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

日本放射線影響学会第59回大会ワークショップ「計算シミュレーションによる放射線生物研究」開催報告

Report on the Workshop "Radiation Research Based on Computer Simulation" held at the 59th Annual Meeting of the Japanese Radiation Research Society

佐藤 達彦; 浜田 信行*

Sato, Tatsuhiko; Hamada, Nobuyuki*

2016年10月26日$$sim$$28日にかけて広島市で開催された日本放射線影響学会第59回大会において、著者らが座長となり「計算シミュレーションによる放射線生物研究」と題したワークショップを開催した。ワークショップには約50名の参加があり、国内でシミュレーションによる放射線生物研究を実施している研究者6名が講演した。各演題のタイトルは「DNA損傷・飛跡構造解析に関する研究」・「照射・非照射細胞混在環境を模擬した確率的モデルによる細胞応答に関する研究」・「低線量放射線生体影響研究における数理モデルの有用性」・「細胞生存率モデルを用いた粒子線治療に関する研究」・「白内障の自然発症モデルの構築」・「時空間的異質性を考慮した発がん数理モデル解析」で、ミクロからマクロまで幅広い範囲をカバーしている。また、ワークショップでは、各テーマで必要となる入力情報やそこから得られる出力情報を整理することにより、テーマ間の連携可能性について重点的に議論した。本稿では、ワークショップの概要をまとめるとともに、各発表内容を簡単に紹介する。

A workshop entitled "Radiation Research Based on Computer Simulation" was held at the 59th annual meeting of the Japanese Radiation Research Society. Approximately 50 participants attended the workshop, and six speakers gave a talk about their computational radiation biology studies. The title of the presentations are "Research on DNA damage and track structure simulation", "Study of cellular response based on stochastic model for simulating irradiated and non-irradiated cells", "Effectiveness of mathematical model for low-dose radiation effect", "Research on particle therapy based on cell surviving fraction model", "Development of model for natural induction of cataract", and "Mathematical model for carcinogenesis considering the differences of temporal and spatial doses". In the workshop, possible future collaborations were intensively discussed. This report briefly summarizes the outline of the workshop.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.