検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

核不拡散・核セキュリティ用アクティブ中性子非破壊測定技術の開発,1; 測定試料マトリクスがJRC型DDA測定に与える影響

R&D of active neutron NDA techniques for nuclear nonproliferation and nuclear security, 1; Effect of sample matrix on JRC type DDA measurement

前田 亮 ; 大図 章 ; 呉田 昌俊 ; 藤 暢輔  ; Bogucarska, T.*; Crochemore, J.-M.*; Varasano, G.*; Pedersen, B.*

Maeda, Makoto; Ozu, Akira; Kureta, Masatoshi; Toh, Yosuke; Bogucarska, T.*; Crochemore, J.-M.*; Varasano, G.*; Pedersen, B.*

原子力機構(JAEA)と欧州共同研究センター(JRC)は、核変換用MA-Pu燃料などの高線量核燃料の非破壊測定技術開発に関する共同研究を行っている。その中のDifferential Die-Away (DDA)法の不確かさの主要因は、試料内での核物質の偏在、及び試料材質によって大きく異なる中性子の減速・吸収・増倍効果である。これらを評価するため、核物質の偏在状態を模擬できる標準マトリクスを3種類の材質で作成し、核物質の偏在と中性子の減速・吸収・増倍効果を同時に調べることを可能とした。本発表では、JRC型DDA法による測定装置Pulsed Neutron Interrogation Test Assembly (PUNITA)を用いて、核物質の偏在と試料の材質が測定に与える影響を定量的に評価した結果について報告する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.