検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

福島の環境回復に向けた取り組み,2; 事故進展と放射性物質の放出・沈着分布の特徴

Challenges for enhancing Fukushima environmental resilience, 2; Features of radionuclide release and deposition with accident progress

斎藤 公明; 永井 晴康; 木名瀬 栄; 武宮 博

Saito, Kimiaki; Nagai, Haruyasu; Kinase, Sakae; Takemiya, Hiroshi

福島の環境回復に関してまとめた連載記事の一つである。福島第一原子力発電所事故の進展と放射線物質の放出・大気拡散・沈着過程の解明が、シミュレーションおよび環境測定データの解析により進められている。大規模環境調査により福島周辺における放射線環境の経時変化等の特徴が明らかになりつつあり、この知見に基づいて空間線量率の分布状況変化モデルが開発され将来予測に活用されてきた。事故後に測定された種々の環境測定データは集約され、データベースを通して簡単な解析ツールとともに継続的に公開されている。これら一連の取り組みについて概説している。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.