検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Beam dynamics design of the muon linac high-beta section

ミューオンリニアックのハイベータセクションのビーム力学設計

近藤 恭弘 ; 長谷川 和男; 大谷 将士*; 三部 勉*; 吉田 光宏*; 北村 遼*

Kondo, Yasuhiro; Hasegawa, Kazuo; Otani, Masashi*; Mibe, Tsutomu*; Yoshida, Mitsuhiro*; Kitamura, Ryo*

J-PARCにおいて、新たなg-2実験のためのミューオンリニアックを開発中である。J-PARC MLFのミューオンビームライン(H-line)からのミューオンビームはエアロジェルターゲット中で室温のミューオニウムを生成する。このミューオニウムをレーザー電離した超低速ミューオン(USM)をミューオンリニアックによって212MeVまで加速する。40MeV以降の加速構造には、円盤装荷型進行波加速管を用いる。このエネルギーの$$beta$$は0.7であり、電子リニアックと同様の技術を利用できる。しかしながら、ミューオンではセル長がエネルギーの増加によって長くなっていくので、これに同調した設計が必要となる。本論文では、このミューオン加速用の加速構造のビーム力学設計について述べる。

A muon linac development for a new muon g-2 experiment is now going on at J-PARC. Muons from the muon beam line (H-line) at the J-PARC MLF are once stopped in an silica aerojel target and room temperature muoniums are evaporated from the aerogel. They are dissociated with laser (ultra slow muons), then accelerated up to 212 MeV using a linear accelerator. For the accelerating structure from 40 MeV, disk-loaded traveling-wave structure is applicable because the particle beta is more than 0.7. The structure itself is similar to that for electron linacs, however, the cell length should be harmonic to the increase of the particle velocity. In this paper, the beam dynamics design of this muon linac using the disk-loaded structure is described.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.