検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Origin of 6-fold coordinated aluminum at (010)-type pyrophyllite edges

(010)型パイロフィライトエッジにおける6配位アルミニウムの起源

奥村 雅彦  ; Sassi, M.*; Rosso, K. M.*; 町田 昌彦 

Okumura, Masahiko; Sassi, M.*; Rosso, K. M.*; Machida, Masahiko

放射性セシウムを比較的強く吸着すると予想されている粘土鉱物のエッジは、実験的に調べることが困難であり、未だに構造がわかっておらず、数値シミュレーションによる研究が有効である。これまでに、最も単純な2:1珪酸塩鉱物であるパイロフィライトについて、密度汎関数法等を用いた研究が進められており、エッジ部分のアルミニウムは5つの酸素と共有結合し、さらに、水分子を配位子とした6配位構造が安定であることが知られていた。しかし、電荷の中性条件からは水分子が配位する必要はなく、なぜ6配位が最安定構造なのかは明らかになっていなかった。そこで、我々は、密度汎関数法を用いて詳細に調べた。その結果、アルミニウムが水分子の酸素原子を引きつけ、さらに、水分子の水素とエッジを構成するヒドロキシル基が水素結合のネットワークを構成し、6配位構造が安定化することがわかった。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:34.53

分野:Nanoscience & Nanotechnology

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.