検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

岐阜県南東部に分布する中新統瑞浪層群および岩村層群のジルコンU-Pb年代とジルコンFT年代の再評価

Zircon U-Pb and reassessed zircon fission track ages of Miocene Mizunami and Iwamura Groups in the southeastern part of Gifu Prefecture, central Japan

笹尾 英嗣; 檀原 徹*; 岩野 英樹*; 平田 岳史*

Sasao, Eiji; Danhara, Toru*; Iwano, Hideki*; Hirata, Takafumi*

地質学的な変動帯に位置する我が国の地質環境中における核種の保持・移行挙動についての理解を深めるため、東濃ウラン鉱床を事例とした研究を行ってきた。その一環として、東濃ウラン鉱床を胚胎する中新統瑞浪層群と瑞浪層群に隣接して分布する岩村層群に挟在する凝灰岩中のジルコンを用いたフィッション・トラック年代測定を行った。しかし、それ以前に知られていた微化石年代等とは100万年程度の差が生じることが課題として残された。そこで、瑞浪層群および岩村層群に挟在する凝灰岩3試料のジルコンU-Pb年代測定を行った結果、以下のような年代値が得られた:瑞浪層群の本郷層細久手火山礫凝灰岩は18.8$$pm$$0.3Ma、明世層Ak-12凝灰岩は17.8$$pm$$0.4Ma、岩村層群遠山層牧部層中部のTy-12凝灰岩は18.4$$pm$$0.4Ma。この結果は、再評価したジルコンフィッション・トラック年代と誤差範囲内で一致し、既報の微化石および古地磁気層序と整合的となった。この結果から、瑞浪層群と岩村層群の堆積年代を次のように推定した:瑞浪層群の本郷層は19~18Ma、明世層は約18Ma、岩村層群遠山層牧部層中部は約18Ma。

Here U-Pb and reassessed fission track (FT) ages are presented for samples from the Miocene Mizunami and Iwamura groups in the southeastern Gifu Prefecture, central Japan. The U-Pb ages of three tuff samples coincide with the reassessed FT ages within the error range. These new U-Pb and reassessed FT ages are consistent with those reported in previous microfossil and paleomagnetic studies, which indicate the following depositional history: The Hongo and Akeyo formations of the Mizunami Group were deposited at ~19-18 Ma and ca. 18 Ma, respectively, and the lower part of the Toyama Formation of the Iwamura Group was deposited ca. 18 Ma.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.